デオドラントについて

わきが対策には、体臭や汗の臭いを防いだり取り除いたりする制汗剤などのデオドラント剤が効果的です。デオドラント剤の効果を持続させるためと、使用上の注意点をお伝えします。

わきが対策には、スプレータイプよりクリームタイプのほうが効果の持続性が高いです。その効果をさらに高めるために、デオドラントクリームを塗る前に、わきをウエットティッシュで拭くことをお勧めします。拭いた後の清潔な状態と、汗がついている状態とでは、その後の持ちが違ってきます。また、わきが専門のデオドラント剤も市販されています。効果が高いのはもちろんのこと、どれも見た目はお洒落なのでわきが対策とは思われにくいです。

しかし、デオドラントのやり過ぎにも注意です。デオドラント剤の使い過ぎによって、カピカピの肌になってしまうこともあるのです。デオドラント剤には臭いを断つ殺菌作用もありますが、使いすぎるとわきがの臭いを作る菌だけでなく、UVカット効果や抗菌効果のある善玉菌(表皮ブドウ球菌)まで肌からいなくなってしまいます。肌の細菌が減り滅菌状態になると、より強い細菌が繁殖して、使用前より強い匂いになることもあります。外出する必要がない日はデオドラント剤を使用しない、など、塗る時間を工夫する注意が必要です。

最後に、デオドラント商品の選び方についてご紹介します。まず自分のわきがの程度を知ることが、選び方の基準となります。さらに、乾燥肌か敏感肌か、使用頻度などにもよりデオドラント剤との相性が決まります。合わないデオドラント剤を使用していると、衣類が黄ばむことがあり、これはデオドラント剤が合っているかどうかの判断基準のひとつです。なんとなくではなく、きちんと自分に合ったデオドラントを選ぶようにしたいものです。