風俗嬢からのラブコール

個人的に連絡がくるほど通っている私の体験談です。

恋愛の楽しさを教えてくれた風俗嬢

自分は恋愛下手で普通に恋愛を楽しめるような風俗嬢がほしい。別にエッチをしなくてもいいし、ただ一緒にいる間は恋人のように甘えさせてくれたりイチャラブをさせてくれたら、それだけで十分に満足できそうだった。そのため、俺はデリヘルのホームページを見て顔だけをチェックした。そして、自分の好みにピッタリな風俗嬢を指名して家に来てもらった。初めに、自分の希望プレイを彼女に伝えてただ恋人のように演じてほしいと伝えた。すると、彼女は軽く頷いてくれておとなしい感じの女性を演じてくれた。自分好みの女性をすぐに演じるなんて、自分はすぐに風俗嬢の適応力の凄さを知った。初めはエッチをしないつもりだったけど、恋人だったらキスもするし一緒にシャワーも浴びるなって思えてきて、結局エッチなことをしてしまった。すると、彼女のテクですぐに射精させられてしまったのだが、その後も彼女は顔面騎乗して俺の事を攻めてきた。何というか、たぶん彼女はエッチがしたかったんだろうな。またデリヘルを利用して彼女とエッチしたい。

投稿日:2017年3月20日

スルメのように味のある風俗嬢

パッと見た感じすごく若くて可愛らしい風俗嬢がいた。彼女を見ていると何となく目が離せなくなって、俺は彼女を予約するためにデリヘルに電話を掛けた。デリヘルの受付に彼女についていろいろ質問をしてみると、結構意外な答えが返ってきた。俺は彼女がすごく若い風俗嬢だと思っていたけど、実際はそこまで若くなくエッチのテクもすごくてかなりベテランなタイプの女性だった。ずば抜けて人気があるわけでもなく、たまにすごく指名してくれる人が現れるらしい。つまり、彼女は噛めば噛むほど味わいのあるスルメ女ってことらしく、俺は彼女とホテルでエッチをしてみた。受付の方が言うように、彼女のエッチテクはかなりレベルが高くて少し愛撫してもらっただけなのにすぐ射精しそうになった。でも、彼女は時間を見ながら愛撫する力を調節してくれて、シックスナインの態勢で俺にも攻めるチャンスをくれた。そのおかげで彼女の愛液を味わうことができて、時間をかけてエッチを楽しむことができた。